《太陽光発電Q&A》売電で収入を得る!

話題の太陽光発電。自宅で発電して電気を売る!Q&A

太陽光発電と漁業

9月 11th, 2013

中長期的な原油価格の高騰により、様々な分野で影響を受ける事が懸念されています。

 

漁業関連の産業も同様です。そこで、自然エネルギーを利用した発電技術が高い関心を集めているようです。中でも太陽光発電は、自然エネルギー分野において比較的安定的にエネルギーを供給できると言われています。

漁業関連の施設は海岸沿いに立地している事が多く、日当たりが良いため太陽光発電に適しています。また、養殖用のいかだなども太陽光を直接受けるため、太陽光発電に向いています。ただし、海上へ設置するための課題もあるようです。しかし、近年の技術開発により海上での太陽光発電も現実のものとなりつつあるようです。

 

もともと、遮るものが少ないため太陽光自体は陸上よりも強く受けると考えられています。遊休施設を利用する訳ですから効率的でもあります。こうして発電した電力を養殖に関する動力や、事務所で使用する電力に充当する事ができます。また、電力買い取り制度を利用して余剰電力を売る事もできるようです。

 

その結果、コストの削減につながり安定的な漁業経営に繋がると言えます。このような取り組みを支援する自治体もあるようです。漁業関係者にとってはまさに朗報であると言えます。なお、実際に太陽光発電を導入する際には、調査や実験が必要となるので慎重に検討する事が必要です。また、太陽光発電によるエネルギーを利用した漁船の開発も進んでいます。このように、太陽光発電はあらゆる分野で期待が高まっているのです。

太陽光発電で農業

8月 31st, 2013

近代農業においては、ビニールハウスや畜舎の温度調整、または夜間の照明などに大量の電力が必要です。それだけに節電による経費の削減は切実な問題です。長年の課題であったとも言えるでしょう。

 

そこで、自然を活用したクリーンエネルギーが注目を集めているようです。その中でも太陽光発電は比較的農業に適していると言えます。もともと、農業を営むだけあって日当たりは良好なのですから太陽光発電を行うには良い環境です。畜舎の屋根を利用すれば大型の太陽光パネルの設置も可能でしょう。

 

節電に繋がるだけでは無く場合によっては余剰電力を売る事もできるので、安定した農業経営に貢献する可能性が高いようです。遊休農地を有効に活用する方策としても検討されていますが、実現に向けては少し課題があるようです。それでも、日夜様々な技術の開発が行われており、近い将来農地での大規模な発電も可能になるかもしれません。

 

また、太陽光発電によるエネルギーを使って生産コストを下げる事で安定した食料の供給が可能になります。農業経営者も高い関心を示しているようです。自治体からの補助等により徐々に普及しているようです。設置やメンテナンスにかかる経費も、技術の向上により、以前よりは安くなったと言われています。

 

農業分野への太陽光発電導入に向けて様々な研究が行われているので今後の普及に期待できます。電力と農業というと一見相反する分野のような気がしますが、意外な繋がりがあるようです。